Bermuda

2016年11月24日 16:45

「この5人で良かった。」CUBERS、全19曲を熱演!新曲のXmasソングを初披露

「この5人で良かった。」CUBERS、全19曲を熱演!新曲のXmasソングを初披露

表参道GROUNDにて「CUBERS 3rd ワンマン~覚めないで、消えないで~」を開催した。

5人組ボーイズユニットCUBERSが、11月20日(日) 表参道GROUNDにて「CUBERS 3rd ワンマン~覚めないで、消えないで~」を開催した。

 

彼らにとって3度目となったワンマンライブ、前回を大きく上回るファンが駆け つけた。

 

アルバムのリード曲である「Samenaide」からライブはスタートし、椅子ダンス や、サポートメンバーを迎えてのバンド編成など、全19曲、2時20分という様々 な仕掛けが用意された充実の内容であった。アンコールではサンタクロースの衣 装を纏い、Xmasソングである新曲「ホワイトスノー」を初披露した。

 

開演時間から15分が経った頃、初披露となった聴き馴染みのないOvertureが会場 に鳴り響く。Overtureが終わると、アルバム『PLAY LIST』の1曲目を飾るナン バー「Samenaide」のボーカルリリックとバスドラムが小刻みにループで流れ、 徐々にボルテージが上げていく。そのまま1曲目の「Samenaide」に繋がり、冒頭 から熱い盛り上がりを見せた。

 

2曲目となった「Stage」のイントロで綾介は「ペンライト持っている方も持って いない方も、両手を上げて!一緒に手拍子しましょう!」と観客に手拍子を求め た。その後、MCを挟まず「今さらMiss you」「SHY」「スマイル」と昨年4月~7 月末、プレ始動期間(“只今、研修中です。男子”時代)を支えたナンバーを中心に 構成。

 

MCでTAKAが「皆さん今日は、音に乗って身体を揺らしてみたり、ペンライトを 振ってたり、振り真似していただいたり、想い想いに楽しんでください。」と話 し、ステッキを回しながらパフォーマンスした「New days」、鍵盤ソロが際立つ ミディアムファンクナンバー「Mr.COOL!!」を披露。ここで一旦、メンバーはス テージを去り、スクリーンには初のロケ企画番組『ついていっていいんですか? ゲーム前編』が映し出される。

 

映像が終わるとステージには洋風な椅子が5つ並べられ、着替えを終えたメン バーが再び登場。Boys Town Gangの「君の瞳に恋してる」に合わせてキュートな 椅子ダンスを披露。暗転しHeavy D & The Boyzの「Now That We Found Love」が かかるとメンバーの表情は一転、普段の振りでは見れない様な激しいストリート ダンスを披露。この楽曲の振付を綾介が担当したとその後のMCで明かした。

 

続いてのコーナーでは、IMAJO(ギター)、鎌田瑞輝(鍵盤)、越智祐介(パーカッ ション)の3名を迎え、バンド編成でバラードの「Forever」と本編1曲目で披露し た「Samenaide」を別アレンジで披露。軽快なカッティングギターに乗り、観客 は横に揺れながら手拍子で演奏に応えた。

 

生演奏でのコーナーが終わると、再びスクリーンが降り『ついていっていいんで すか?ゲーム後編』を流す。こちらのロケ番組の模様は、後日ノーカット版で公 開予定。

 

ここから後半戦に突入。「Bi’Bi’Bi’」のイントロが編曲され、小刻みなストリ ングスと印象的なグロッケンのフレーズが続く中、メンバーが登場。コール&レ スポンスをして最高潮のムードでパフォーマンスした「Bi’Bi’Bi’」。勢いその ままに「Shall we」「ワンダーパレード」「STAND BY YOU」とアップナンバーを 4曲立て続けに披露。「STAND BY YOU」の大団円ではメンバーが客席に降り、観 客とハイタッチをしながら場内を回り、最後の歌詞である『ここで1つになろ う』と熱唱した。

 

ライブも終盤、サビでピッチャーモーションの様な振りで盛り上げる「Good good-bye」では、「みんなエアーキャッチしてね!」と末吉9太郎がレクチャー し、サビでメンバーが投げる振りをする度、観客はジャンプをしながら両手を叩 いて盛り上がった。

 

その後、本編最後のMCでTAKAは「1年半前まで出会ったことのない5人が集まり、 こうして客席にいる皆さんと出会い、支えてくださる事務所のスタッフさんのお 陰で活動出来てます。本当にありがとうございます。この5人で良かったと思っ てます。」と話し、春斗が「まだまだ夢の途中です。もっともっと大きな会場で ワンマンライブが出来るようにしたいですし、皆さんに“応援して良かった”と 思ってもらえるようなグループになれるよう、これらからも頑張ります。」と力 強く話した。

 

「最後にやる楽曲は、アルバムの最後にも入ってる曲なのですが、作詞家さんが 今の僕等の想いと重ねて書いてくださった詩です。聴いてください。」と語り 「26.5」を初披露し、マイクスタンドを握り締めながら歌い上げた。

 

アンコールが起き、メンバーはサンタクロースの衣装に着替えステージに登場し たが、客席にはファンが用意した小旗が汲まなく配られ“逆サプライズ”をする シーンも微笑ましかった。

 

春斗が「皆さん新曲持ってきましたー!しかも、クリスマスソングです!」と話 すと、観客は喜びの声で飛び交う。新曲「ホワイトスノー」を初披露。アウトロ で9太郎が「せーーの!!」と掛け声をすると、全員で「ハッピー!メリークリ スマス!」と叫び、鮮やかなクラッカーを放った。フィナーレに、プレ始動期間 中の代表曲「Baby Fever」を歌い、2時間20分、全19曲という充実の内容となっ たワンマンライブを締めた。

 

メンバーはステージ前方まで歩くと、腕を大きく上げ「皆さん、本当に今日はあ りがとうございましたー!」とマイク無しで叫び、観客は大きな拍手で応えた。

 

3月21日に行った2度目のワンマンライブから今回の公演は倍以上の動員を記録し たというCUBERS。この勢いそのままに、12月4日より「クリスマスTOUR~過去の 衣装をランダムに着ますよ~」を開催する。

 

 

「この5人で良かった。」CUBERS、全19曲を熱演!新曲のXmasソングを初披露
タグ
リンク
つばさエンタテインメント 採用情報